FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
「コンカツ・リカツ」
昨日から始まりましたね。

NHKの婚活ドラマ「コンカツ・リカツ」ご覧になりましたか?

「婚活」という言葉を作った"[婚活」時代”という本を
元に作られたようですね。

多少、デフォルメされている部分もあるかとは思いますが
けっこうリアリティをもって描かれているようにも思います。

たとえばあの中の40代男性が言っていた結婚したい女性の条件・・・

「笑顔がかわいくて、年下で料理好きで控えめで
俺のことを立ててくれるような人、できれば胸も・・・」

・・・って女性側からすれば勝手に言ってればって感じでしょうが
実際、これってかなりの確率で本当に男性が望んでいるものだったりするのですよ。

35,6歳以下(あわよくば20代)でかわいいor美人で家庭的で
自分のことを立ててくれそうで、それでいて会話もはずむ楽しい人

男性会員さんの話を聞いているとこんな感じかなぁ

特に最近感じるのは男性も女性にも会話力を求めていますね
(おとなしいだけではなく会話がはずむ人、でも言い負かすほどの人はNG)


ところでドラマはどうなっていくのでしょうね・・・

(やっぱりドラマだからあの絵描きさんとハッピーエンドなのかなぁ・・・?
それとも婚活バーには行かなかった幼稚園の園長さんと?
国生さゆりさんは前出のアラフォー男性と・・・ってサキヨミし過ぎ??)


さて、来週は桜井幸子さん扮する主人公七海が結婚相談所に
入会するようです。

よければみなさんもご覧になってみてくださいね

スポンサーサイト
【2009/04/03 23:17 】 | Around 40 | コメント(0) | トラックバック(0) |
はっきりさせたい
うちの女性会員さんとの会話です。


「結婚できるのか」
それとも
「一生結婚できないのか」

どこか聞きにいったら教えてくれるところがあればいいのに・・・と


(この゛結婚゛という言葉の前に゛納得のいく゛がつくのでしょうね)


その気持ち、ホントによくわかります。


35~40過ぎにかけて
出産・結婚・仕事・親のこと・そして老後・・・
夢見るころを過ぎて
現実がどんどんつきつけられてきます。

結婚できるのか?それとも
一人で生きていくのか?

一人で生きていくとしたら

「住まいは?今の仕事で食べていける?老後は?年金は?もし親が倒れたら?・・・」

今まで結婚すればなんとかなると思っていたことに
いやでも目を向けなくてはいけなくなります。

この宙ぶらりんな状態だから
日々煩悶するのですね。

私が相談所に入会した理由の一つにこれがあります。

もちろん「結婚したい!わかりあえる人生のパートナーがほしい」
というのが一番の理由です。

しかしできないのであれば自分の中で
期限を決めて一人で生きる覚悟を決めたい。

とにかくこの2年間はとことん活動する!
いろんな方と会ってみる。
すすめられた話には全部のる。


それでだめなら結婚はあきらめて
「おひとりさま道」をまっとうする。

というつもりで入会しました。


・・・そして今の主人と出会えたのです。


きっと出会える。


そういう強い気持ちをもち続けてください。

そしてそのためには門戸を広くあけておいてくださいね。


あなたを待っている人は必ずいます。
【2008/05/09 12:00 】 | Around 40 | コメント(0) | トラックバック(0) |
Around 40
4/11から始まりましたね。
ご覧になりましたか?

天海祐希さん演じる39歳の精神科医
これからどうなるのでしょうね。


第1回を見終わって以前の私を見るようでした。
もちろん、ルックス、年収などは主人公とはあまりにも違いますが・・・(^^;)

私も30代後半でまだなんとかなるとのんびりしていました。

私自身はまだまだ結婚する気まんまんなのに

親、同僚、上司:「えっ?まだ結婚する気でおるん?」

    私    :「あたりまえやん。そのうち電撃結婚するから」

年配の患者さん:「結婚はしないの? でもまあ資格があるから
           一人でも生きていけるからいいわねぇ」

      (・・・・・もしかして独身つらぬくと決められている?)

    私    :「・・・一応まだあきらめてはいないんですけどね
           こればっかりはご縁のものなのでねぇ・・・」

こんな会話が何度繰り返されたことか・・・(--)

先に結婚した7歳下の弟には
「待ってるだけやったら何もおこらへんで。
人が振り返るような美人なら別やけど・・・
棚から棚が落っこってくることはあっても、
ぼたもちが落ちてくることはまずない!」

 
な、なんとキツイ身内の一言・・・と思いながらも
ウマイこと言うなぁ なんて・・・ 

そして、私も相談所のドアをノックすることになったのでした。 
【2008/04/14 11:08 】 | Around 40 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。