FC2ブログ
やったぁ!成婚です
何かとばたばたしており、とーっても久しぶりの更新です。

しかし、今日は書かずにはおられません

昨日、女性会員さんが成婚の報告に来てくれたのですよ


この彼女のお相手選びに、今、婚活をがんばりつつも、なかなか思う相手に
出会えないと悩んでいらっしゃるみなさんへのいいヒントがありました。

彼女も最初のうちはいわゆる雰囲気のいい男性(お写真上)で条件もそれなりに
整われている方にお申し込みをされていました。
しかし、なかなかOKがもらえず「キビシイものですね・・・」と。

しかし彼女が素晴らしかったのは、
この後お申し込みをいただいた方の中から、
一つでも二つでも自分の条件に合う方であれば
まずはどんどん会っていかれたことです。

彼女曰く「せっかくお申し込みをいただいたんですから・・・逆の立場なら
会ってみるだけでも会ってくれたらって思いますもんね」

それからお申し込みも観点を変えて積極的になさいました。

正直はじめは私達も「・・・なぜこの方を選んだんだろう」
というお写真の方が多かったので
彼女に聞いてみたところ
「このお写真小さくしか写ってないでしょ。どんな方か見てみたいなって思ったんですよ(笑)」

実際、この方法が功を奏しお見合OKに!
そしてこのお相手にお会いしてみたらとーっても感じのいい物腰の柔らかい
ステキな男性でしたよ!

気遣いのできる彼女はカレのハートも胃袋(とってもお料理上手なのです)
もがっちり捕まえて見事成婚に!

彼女のお話からカレの誠実さや優しさが伝わってきて私達夫婦も
happyな気持ちに包まれましたよ!

お二人ならきっと暖かいステキな家庭を気築いていかれることでしょう




スポンサーサイト



【2009/10/11 21:53 】 | 結婚できる人、できない人 | コメント(0) | トラックバック(0) |
お見合いNGワード その① 「妥協・・・」
最近、男性会員さんのお見合いの
お断りの理由の一つに
ある"キーワード"が続けて出てきました。

それは・・・「妥協」という言葉


Aさん、Bさんともに言葉こそ違え、
同じようなことを言われたのでです。

それはなにかというと
お見合い時にお相手の女性が繰り返す
「妥協」という言葉が気になったとのこと。
(それがお断りの理由のすべてではないのですが)

AさんもBさんも30代後半。
というわけでお相手の女性もそれぞれ30代半ばでした。


たぶん、その女性たちは男性に

”あなたとは妥協してお見合いしている”

などというつもりで言ったのではないと思います。

お互い結婚相談所という同じ婚活の土俵にいるもの同士、
30代半ばを過ぎると”結婚”って夢ばかりも見ていられませんよねという
共感を仰ぐつもりで言われたことだと思います。


しかし、悪気はないとはいえ
そんなことを逆に男性から言われたらどうでしょうか?


やはり、あまりいい気はしないですよね

結婚するかもしれない相手に結婚は妥協してするものだと言われたら・・・

時には自分の言ったことをもし相手に言われたら
自分はどう思うかということを
振り返ることも必要ですね。
【2009/03/07 12:03 】 | 結婚できる人、できない人 | コメント(0) | トラックバック(0) |
就職氷河期に求められる人材って?
昨日のヤフーのトピックスにこんな記事が載っていました。

「就職氷河期に求められる人材」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090210-00000000-sh_mar-sci

人事担当者が求める人材、トップ3は

 主体性
 実行力
 柔軟性

この3つは昨年と同様、順位は変わらないそうですが
今年、順位を上げた項目に
「ストレスコントロールできる強さ」というのがあったそうです。


これってまさに婚活に必要な項目ばかりですね。

主体性・・・自分の結婚なのです。
       誰かがどうにかしてくれるものではないのです。
       まず自分がアクションを起こさなければ!
       (私達ももちろんサポートさせていただきます。
        でもまずご自身で動いていただかないと・・・)
       

実行力・・・「いつかきっと運命の出会いがある・・・」と
       待っているだけでは何もおこりません。
       
柔軟性・・・あれはダメ、これはダメではなく
       まずは会ってみる・・・
       そして短所と思える部分も見方を変えてみる
       


そして「ストレスコントロールできる強さ」

そうそう、婚活にはこれが大事なのですよ。

やはり婚活していく上で、気持ちが萎えてしまうことだってあるのです

「ほんとに結婚できるのか・・・?」
「自分に合う人なんていないんでは・・・」
「・・・なんだかお見合いに疲れてきた」
「・・・結婚したいのかすらわからなくなってきた」

落ち込むことがあっても
気持ちをうまく切り替えることができる人
婚活に対するモチベーションを持ち続けることができる強さが大事です

ただ一人で抱え込まずに私たちにも相談してくださいね!

”ストレスコントロールできる人”
 
強い人にならなきゃって気負う必要はありません

利用できるものは利用し、うまく気分転換できる人が
「ストレスコントロールできる人」ってことですよ 


【2009/02/11 11:07 】 | 結婚できる人、できない人 | コメント(0) | トラックバック(0) |
過去のお見合い相手
交際に入り少しお互いの距離が縮まった頃に
女性がついついしてしまうことに

「過去のお見合い相手がこんなだった・・・あんなだった」と
お相手に話してしまうということがあります。


”聞いてぇ、こんなキャラありえないでしょ!
という一種ネタ的な場合もあれば

”今までの相手はこんなひどかったけど
それとは違ってあなたはステキ・・・

という思いで言ってしまう場合もあるようですが・・・

どちらにしても具体的に話すのはNGのようです。(男性陣の意見によると)


一つはもしかしたら交際がダメになったら
自分も同じように言われるのかも・・・と思うし
結婚したらしたで
「今日隣の奥さんにねぇ・・・なこと言われたの」
なんてグチられるのを想像してしまうからだそうです。

「今までのお見合い相手との出会いがあってこそ
こうしてあなたと出会えた

と伝えるほうがステキじゃないですか?

実際に成婚された方は
「あの時の経験はけっして無駄ではなかった」
と言われる方が多いですよ。


【2009/02/07 11:21 】 | 結婚できる人、できない人 | コメント(0) | トラックバック(0) |
地に足が着いています。
最近、婚活を始められた女性のお話です。

彼女の希望条件は30歳~42歳まで
高卒以上、年収400万以上

彼女自身は20代後半、国公立大卒。

サービス業で主任を任されている
笑顔のチャーミングなステキな女性です。

「女性はご自分の学歴より上の方を求められる方が多いのに
めずらしいですね」

「うーん、上であるのに越したことはないですが
卒業証書と人柄はあまり関係ありませんから・・・
アルバイトの子たち見ててもそう思います。

うちの父も高卒ですけど家族を大事にして
しっかり稼いでくれるいい父です!

私自身も親にそんな迷惑かけたくないから
国公立に行っただけなんで・・・」

結婚して家庭を持ち早く自分の足場を築きたいとのこと。
そのためには結婚相談所も出会いの場の一つと考えていますと・・・

就職氷河期をくぐりぬけてきた世代。
私達世代よりも地に足着いてるのかもしれませんね!


【2008/12/27 12:30 】 | 結婚できる人、できない人 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ